トイレの水漏れはリフォームと交換の選択肢がある

トイレの水漏れはリフォームと交換の選択肢がある 家の水回りの中でも、トラブルの起こりやすい場所の一つがトイレです。水漏れには深刻な状態と、そうでない状態があります。機能性を保っていれば、修理する必要がないと考える人も少なくありません。しかし、少々の漏れなので大丈夫だと思い込んでいると、事態がさらに深刻化してしまうケースがあるので注意が必要です。少しでも気になる場合や水漏れが起こったときは、早めに業者に依頼して対策しましょう。業者に依頼して直してもらう方法として、リフォームとトイレの交換があります。少しの水漏れだと大丈夫だと思って放置してしまう人もいますが、放置するのは他の部品に影響を与える可能性もあるので避けましょう。

■トイレの水漏れはなぜ起こる

その原因の多くは経年劣化によるものだと言われています。便器とウォッシュレット、あるいは便器と床の設置部分に使用されているジョイントに使われるパッキンも劣化が著しい場所です。固定していたナットやねじが緩むこともありますし、本来ならくっついてないといけない場所ほど、時間と共に劣化して機能しなくなります。
特に多い原因となるのが、タンクです。たくさんの水を溜めている場所なので、使い続けているとタンクの内の部品が移動し、接合部分が劣化します。給水や排水パイプなどの結合部分にトラブルがある場合や、ウォシュレットにトラブルがある場合も注意しましょう。また、便器まわりが損傷しているケースも注意が必要です。

■トイレの水漏れにはリフォームや交換がおすすめ
トイレの水漏れが起こった場合に、中には自分で直そうとする人もいます。きちんとした知識や技術があれば自分で直せる場合もありますが、トイレ回りは複雑な構造をしているので、方法を間違ってしまうと状態が悪化することもあります。自分で直そうとしたことによって、さらに修理費用がかかる場合もあるので注意しましょう。
修理は自分で行うのではなく、業者に依頼してリフォームや交換してもらうことをおすすめします。リフォームと交換ではかかる時間や費用が異なるため、状況に応じて判断する必要があります。水漏れがひどくてトイレの使用ができないときは、緊急対応してくれる業者を選ぶこともポイントの一つです。緊急対応する業者の中には金額を高めに設定している業者もいるので、日頃からかかる時間や費用の目安を確認しておきましょう。

■トイレの水漏れで業者に連絡前にしておくこと

水が漏れていることが分かった場合は、業者に連絡する前に水を止めておきましょう。水を止めるためには、止水栓を閉める必要があります。止水栓は水道からタンクまでの水流を止める栓です。場合によっては水漏れが完全に止まらない場合もありますが、水道からの水を止めることで被害が大きくなるのを防ぎます。
また、ウォシュレットがついている場合、漏電を防ぐためにもコンセントを外しましょう。タンクが付いている場合は、壁とタンクをつないでいる配管に止水栓があります。無理に閉めると止水栓が故障することもあるので注意が必要です。止水栓がすぐに見つからない場合は、家の水道の元栓を閉めると家全体の水が止まります。元栓を閉めるためには、マイナスドライバーが必要になる場合もあります。

■まとめ
トイレの水漏れが起こったときは、最初に水を止めてから今後の対策を考えましょう。業者に依頼する場合、リフォームと交換の選択肢があります。どちらの方法で依頼する場合も、かかる費用を事前に確認しておきましょう。また、トイレが使用できなくなると慌ててしまいがちです。料金の確認をせず、業者に依頼して損をする場合もあります。業者に連絡する場合は、事前に大まかな料金が明記されているかどうかも確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース