トイレの水漏れで交換する注意点

トイレの水漏れには、トイレの交換で対応できます。部品が多く複雑な作りなので、自分で行うのではなく業者に依頼するのが一般的です。ここでは、業者に依頼してトイレの水漏れで交換するメリットを紹介します。

■トイレの水漏れ状態によっては交換が勿体ない場合がある

トイレが水漏れした場合、交換するのが勿体ないこともあります。水漏れしている原因が小さな部品の破損や、範囲が狭い場合は修理した方がお得です。特に設置してから3年から5年程度なら、修理でも十分に対応できます。
修理した場合と交換した場合の見積もりをしてもらい、設置してからの期間も考慮して対策を決めましょう。最近は安いトイレも増えているので、こだわらなければ、予算に合ったものを見つけることができるでしょう。

■水漏れで交換したトイレのアフターサービス

トイレを交換する場合、業者のアフターサービスを確認しておきましょう。修理と違って部品そのものが新しいことから、すぐにトイレが壊れることはほとんどありません。しかし、設置の不具合などが原因で修理が必要になる場合もあります。
交換してすぐに修理が必要になったときに、アフターサービスがないと実費での修理が必要になります。そのため、依頼する場合は設置後の不具合や、故障対応がある業者を選んでおくと安心です。

■まとめ
トイレの水漏れで交換する注意点は、業者のアフターサービスを確認しておくことと、場合によっては修理の方が良いケースもあることです。どちらも業者に確認できるので、事前にチェックしておくと安心です。後で後悔しないように気を付けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ