トイレの水漏れでリフォームする注意点

トイレの水漏れが発生したとき、リフォームも兼ねて業者に依頼して修理してもらうケースも少なくありません。トイレリフォームは注意点もあります。ここでは、トイレの水漏れ修理でリフォームする注意点を紹介します。

■事前に工期を確認

修理だけでなく、リフォームを考えている場合には、どれくらい工期が必要となるのか事前に確認しておくことが必要です。不具合が起きた部品の交換だけであればすぐに対応できることもありますが、場合によってはメーカーからの取り寄せが必要となる場合があります。こうした時はすぐに交換できなくなることもあるため、まずは応急処置のみを行い、部品の到着を待ってからのリフォーム工事となる場合もあります。そのため、リフォームを兼ねて修理する場合は、事前に確認を行い、対応の早い業者を選びましょう。点検が24時間対応していることや、無料出張してくれる業者がおすすめです。

■交換の方が安い場合もある

トイレ修理は、状態によっては便器ごと交換してしまう方が結果的に安く済む場合もあります。特に多いのが、水漏れしてトイレのウォシュレットが壊れている場合や、他の配管や配線に影響が出ている場合などです。
また、トイレの設置から10年以上経過していると、便器内部の部品や排水部分などの見えないところが劣化していることもあり、修理を行っても次々に不具合が起きてしまい、修理費用がかさんでしまうことも考えられます。業者に見てもらう場合は修理費用だけでなく、便器の交換費用の見積もりもしてもらい、どちらが適しているか比較すると心配ありません。

■まとめ
トイレの水漏れを修理する場合、水漏れの状態によっては金額が高くなることや交換するメリットの方が大きくなるケースもあります。まずは、業者に確認して点検や見積もりをしてもらってから対策を決めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ