トイレの水漏れでリフォームするメリット

トイレの水漏れが起こったときの対応として、不具合が起きた場所の修理をする場合と、リフォームをしてトイレを新しくする方法があります。対応の方法は水漏れ具合やトイレの使用年数によって異なりますが、軽い症状の場合は修理して同じものを使うことが多いです。修理とリフォームのそれぞれのメリットについて知っておきましょう。

■一般的な修理のメリット

修理のメリットは、交換に比べると費用が安く抑えられることです。必要な部品を交換するだけなので、部品代と手間賃だけで再びトイレが問題なく使えるようになります。少しでも費用を抑えたい人には、不良部品などを交換する修理がおすすめです。
ただし、場合によっては便器の交換が必要になることもあるので注意しましょう。事前に見積もりを取ってもらい、納得した上で依頼すると安心です。

■リフォームは問題点の解決にもつながる

一方で、リフォームでは水漏れ箇所以外の気になる場所も一緒に解決することが可能です。トイレの修理をきっかけにバリアフリー化することや、節水・節電効果を高めることも可能です。
トイレの水漏れをきっかけにトイレリフォームするケースは少なくありません。リフォームと修理は別で行うよりも、一緒に行った方が安くなる場合もあります。リフォームも兼ねてトイレの水漏れ修理をする場合は、業者に相談しながら行うと良いでしょう。

■まとめ
トイレに水漏れなど何らかのトラブルが起きた場合の対処方法は、状況によって異なります。水漏れの状態によってはトイレそのものを交換した方が良い場合もあるので、事前に見積もりしてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ